アナリティクス強化月間 Redshift Serverless

読了時間(目安): 1 分
記事の文字数: 4779 文字
Page content

AWS エバンジェリストシリーズ AWSの基礎を学ぼう

アナリティクス強化月間 Redshift Serverless

Amazon Redshift

Amazon Redshift

Amazon Redshift Serverless

https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/introducing-amazon-redshift-serverless-run-analytics-at-any-scale-without-having-to-manage-infrastructure/

  • 現在Preview中(AWSはカスタマーのフィードバックを収集したい期間、随時Updateされる)

    • AWS Supportでの問い合わせ
    • Amazon Redshift Serverlessのチーム宛 redshift-preview-serverless@amazon.com に英語でメール送付
    • グローバルで一つのエンドポイントを作成
    • log関連が現時点では不具合(正しく転送されない)ケースもある
  • RPU(Redshift Processiong Units)

    • SQLを発行した際に、ワークロードを1秒単位で請求(1秒以下は切り捨て)
  • 利用していない場合はストレージのみ課金対象

    • RA3 インスタンス
      • コンピュータノード、ストレージが分離されている
      • コンピュータノードにはSSDキャッシュが含まれているので頻繁に利用されるクエリ結果はストレージI/Oが発生しない
  • ファーストタッチペナルティが存在する

    • ストレージからコンピュータノードに返す際に、数十秒程度掛かる
    • Preview中に応答速度は順次改善されているのでGAされたときに期待

ハンズオンパート

現在、Amazon Redshift Serverlessは $500 Credit が付与されます

実施内容

コンソールは日本語対応が不十分なところもあるので英語に切り替えて実施を推奨です

1

2

3

4

5

Redshift Query Editor v2

6

7

8

RPUの確認

RPUはデフォルト固定値 32 となっていてコンソールから変更は可能

9

10

接続設定を修正するとき

Databse Connection設定は右クリックメニューから実施

11

12

まとめ

Redshiftは普段触っていないのですが、ハンズオンイベントなどで数回触った感覚でいると、
今回Serverlessになったことで大きな違いは感じられませんでした。
つまり、通常のRedshiftのインスタンスにクエリを投げている感覚と変わらずにServerlessを取り扱うことができました。

Tweetでも触れましたが、Amazon Redshift Serverless(preview)、$500 creditがあるので、
これでお試しRedshiftを行うときにまずはServerlessでやってみようかなと思うことにつながるかなと思いました。

参考

Share on:
comments powered by Disqus